競馬の専門学校

【読んで学ぶ】札幌記念、北九州記念予想まとめ【競馬の専門学校】

スポンサーリンク
キーン校長
今週は真夏のスーパーG2!
しっかり勉強して本番に挑みましょう!
スポンサーリンク

札幌記念(G2・芝2000m)

G1級がこんなに出てくるようになったのはここ4年!

配当傾向

・2018年:馬連1,380円、3連単16,590円
・2019年:馬連2,150円、3連単10,150円
・2020年:馬連2,910円、3連単10,860円
・2021年:馬連470円、3連単11,990円
マイル実績がある馬の連対率が高いことは覚えておこう!

ローテーション

・前走G1~10頭、G2~1頭、G3~1頭
G1実績馬が圧倒的に強い!
G1馬:グローリーヴェイズ、ソダシ、パンサラッサ、マカヒキ、ユーバーレーベン
G1で2着:ウインマリリン、ケイデンスコール、ユニコーンライオン
G1級:ジャックドール

 

実績馬解説

グローリーヴェイズ
⇒今年の狙いは年末の香港ヴァーズ。そこから見ればこの8月始動は早い=余程調子が良いのでは?!
⇒仕上がりをチェックしていこう。日本での洋芝経験はなし。※しかし海外での洋芝実績はあり。

・ソダシ
⇒昨年は52kgで今年は55kg。距離の不安点はあるが、洋芝適性は高い。

・パンサラッサ
⇒スタートは早くないが、そこからのダッシュでハナに立つタイプ。すんなりと先手をとれるかどうかが鍵=枠が大切!

・ユーバーレーベン
⇒実績十分、洋芝適性も高い。上位馬よりも1枚は落ちるので状態面に注目したい。

・マカヒキ
⇒ちょっとこれだけのメンバーが集まると厳しい。武豊が出るということはプラスだが。

・ウインマリリン、ユニコーンライオン
⇒今回かなり強力な先行馬が揃っているため、ちょっと厳しくなりそう。

・ジャックドール
⇒前走大阪杯はローテーション的にも厳しかった。北海道は初めて。馬場適性は血統的には大丈夫。距離はバッチリ!

注目騎手、馬

・横山和(アンティシペイト)
⇒絶好調騎手に期待。
・横山武(アラタ)
⇒前走は負けたが、敗因は馬場。騎手も絶好調なだけに期待。
・ハヤヤッコ
⇒重馬場適性が高い。前走のような競馬になれば期待up。

展開考察

・逃げ馬はパンサラッサ
⇒出遅れたりすればジャックドールがいきそうだがこの枠なら2番手か。
・ウインマリリンは3~5番手のインがとれそう。
⇒Cコースになり内側が良くなりそう。ソダシもそのあたりに。
・その後にハヤヤッコ、ユニコーンライオン(この馬は流動的。もっと前にいく可能性もある。)
⇒その後ろにアラタが追走していく。
・58秒くらいで逃げていく展開になるのではないだろうか(パンサラッサが作るペース)

・3~4コーナーからまくり合戦が始まる。
・問題は先行馬たちがどこまでもつのか。
⇒パンサラッサは放し逃げをする。それを誰が捕まえにいくか。
・ジャックドールが少し控える競馬をしてきそう。
⇒ソダシは調教的にこの前の2頭をかわす想定をしていた。早めに捕まえにいきそう。

・ソダシは距離不安あるが、馬体的にここに照準を合わせた作り方をしてきたように見える。
・ウインマリリンは得意なラチ沿いを走るレースができそう。
・グローリーヴェイズは外を回してまくり上げするのでは。届くかどうか。
・レッドガランは展開次第で突っ込んでくる可能性ある。
・オークス馬の相性が良いのでユーバーレーベンも向きそうだが、叩き良化型なのでひと叩きの可能性も。
・アンティシペイトは洋芝適性がある。前々走の速いタイムに対応できているのが好印象。
(以上、良馬場想定)

さらなる調教を含めた詳細解説はこちらから

スポンサーリンク

血統についての解説はこちら

北九州記念(G3・芝1200m)

荒れる夏のハンデ戦!

配当傾向

過去10年
・馬連万馬券~3回
・三連複三万円超~3回
・三連単十万円超~4回
良馬場でも後ろの人気馬が平気で来るレース
・1番人気で勝ち馬0
過去16年で1回しかない。

展開考察

・逃げ馬はテイエムスパーダとシンシティ
⇒シンシティは時計が掛かる要因が欲しい。

・逃げ馬の後ろにアネゴハダ
⇒49kgで酒井騎手は怖いが、調教がずっとプールというのはちょっと手が出し辛い・・・。

・レッジェーロは見限られがちな馬
⇒前走は耐えた4着は値打ちアリ。今回初ブリンカーというのも要警戒。時計が早くなりすぎると辛い。

・ビオグラフィーは稍重の方が良い。
⇒良馬場であれば手が出し辛い。

・1番人気ナムラクレア
⇒ちょっと外すぎたか。計画的にスプリント路線を使ってきているのは良い。

・ジャンダルム斤量が58kg。
⇒調教はしっかり積んでいる。斤量をどう判断するか。

・ボンボヤージ
⇒好走する要因あり。中団から抜けてきた欲しい。先行してインピタする可能性も。

・カレンロマチェンコは障害帰り
⇒調教がめちゃくちゃ良かった。初ブリンカー。

・メイショウチタン
⇒ロードカナロア産駒は良いが、これまでの戦績的には買い辛い。

・デヴィナシオン(典さん)
⇒前が潰れたらやってくる可能性がある。

・フレッアはホーさん
⇒馬がどうこうではない。ホーさんは怖いが・・・。

・タイセイビジョンは前回ハマった。
⇒今回は前走よりもペースは落ち着くとみている。馬券は抑える。

・チェアリングソング
⇒時計が掛かるような馬場なら一考する。

・キャプテンドレイクはロードカナロア
⇒ロードカナロア産駒が1頭も来ないことは考え辛い。ダート先行してきた経験も大きい。

天気がわからないのでしっかりと検討しよう!
是非当日ミルダムに!

以上となります。
詳しくはもちろん競馬の専門学校を見て下さいね❗

それでは良い週末を(^^)/~~~

2022.8.20 post by YRA

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

キーン

競馬の専門学校校長。 卓越した全方位の予想ファクターから繰り出される競馬講義は多くの支持を集めており、今日も多くの生徒がその門を叩く。 *現在Youtubeチャンネル登録者数6万人越え、Twitterフォロワー数1万人

-競馬の専門学校
-