競馬の専門学校

【2月21日】競馬の専門学校【フェブラリーS・京都牝馬S】結果

スポンサーリンク

今年初のG1、フェブラリーステークスが終わりました。

GⅠ回顧をきちんと復習すると次に繋がります(^_-)

ということで
今週もキーン校長の回顧動画アップされております。

スポンサーリンク

【京都牝馬S(阪神芝1400m)】

勝ったのは、ロータスランド
→ポイントは+18kg。得意の阪神と距離短縮が上手く噛み合った。
2着はスカイグルーヴ
→前走3勝クラスを勝ち上がったばかりの馬。レースレベルに疑問。
3着タンタラス
→父キングカメハメハ、2着馬は母父キングカメハメハ。

【フェブラリーS(東京ダート1600m)】

1着カフェファラオ
→条件バッチリ。パドックは昨年よりはマシだった(1600mだったので問題が無かった)。
2着テイエムサウスダン
→隊列が決まりかけた時に思い切ってハナを獲りにいった、ナイス騎乗だった。
3着ソダシ
→4角で3番手でそのまま。結果、前に行った者勝ちの馬場だった(全てに恵まれた)。
・4着ソリストサンダー
→条件は揃っていたが時計が早かったのがこの馬には厳しかった。
・5着タイムフライヤー
→よく頑張ったが、もう少し前にいたかった。北海道シリーズで狙いたい。
・6着レッドルゼル
→適性がやはり合っていない。

【馬券の買い方】

基本は2連系
→馬単、馬連
フォーメーションの組み方
→12点、オッズ投票で強弱をつける。
スポンサーリンク

↑今週もしっかり競馬ノートにメモしましょう!

それではまた来週(^^)/~~~

2022.2.22 post by YRA

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

キーン

競馬の専門学校校長。 卓越した全方位の予想ファクターから繰り出される競馬講義は多くの支持を集めており、今日も多くの生徒がその門を叩く。 *現在Youtubeチャンネル登録者数6万人越え、Twitterフォロワー数1万人

-競馬の専門学校
-