競馬の専門学校

【9月26日】競馬の専門学校【神戸新聞杯、オールカマー】結果

スポンサーリンク
-
先週もお疲れ様でした!

今週からいよいよG1シーズンの到来です。

ですが!ますは復習からしっかり行いましょう!

それではよろしくお願いします。

スポンサーリンク

神戸新聞杯(G2・中京芝2200m)

・1着ジャスティンパレス
⇒春G1皆勤賞の馬がここで開花した。ダービーの時は距離が長いと言われていた。

・2着ヤマニンゼスト
⇒僅差のレースではなかったからこそこういう紛れがある。騎手の力によるところも大きい

・3着ボルドグフーシュ
⇒いつもの競馬(後ろ)で3着に入ってきた。菊花賞も楽しみな一頭。

・8着プラダリア
ここを叩いて本番で良くなると騎手がコメントしている。

・6着リカンカブール
⇒パドックでボテッとしていた。もう少し交わされるのが遅かったら馬券圏内はあった。

・4着ジュンブロッサム
⇒よく頑張ったが距離が長い。この後は短い距離を使っていくだろう。

5着ヴェローナシチー
⇒ズブい馬。距離が長くなる方が良い。

・7着パラレルヴィジョン
⇒ルメール騎手が広い馬場の方が良いと言っているが・・・?!

・15着サトノヘリオス
気性が悪い。入れ込みがひどくまともに走れなかった。

トライアルの結果からは、セントライト記念勝ち馬に分がありそう

オールカマー(G2・中山芝2200m)

・1着ジェラルディーナ
⇒ものすごく落ち着いていた。馬体も良かった。距離が長いと思っていたが、そのイメージを払拭される結果となった。

・2着ロバートソンキー
⇒上手に立ち回った。内枠を活かした走り。

・3着ウインキートス
⇒中山をしっかり知り尽くしている松岡君のナイス騎乗。

・4着バビット
⇒リズムよく運べた。久々にしては頑張れた。

インを立ち回ってきた馬が上位をしめた。

後ろからは届かないレースになった。

・5着テーオーロイヤル
返し馬で発汗が凄かった。入れ込みのせい。

・6着デアリングタクト
⇒ペースが遅く、後ろから届かなかった。

・7着ヴェルトライゼンデ
⇒後ろからになったことと、まだ緩さがあった。

・13着ソーヴァリアント
⇒心房細動になってしまった。残念。今回は度外視。

以上となります。

さぁそれでは
今週はG1・スプリンターズステークスです!楽しみましょう!

2022.9.27 post by YRA

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

キーン

競馬の専門学校校長。 卓越した全方位の予想ファクターから繰り出される競馬講義は多くの支持を集めており、今日も多くの生徒がその門を叩く。 *現在Youtubeチャンネル登録者数6万人越え、Twitterフォロワー数1万人

-競馬の専門学校
-