競馬の専門学校

【読んで学ぶ】スプリンターズステークス予想まとめ【競馬の専門学校】

スポンサーリンク
キーン校長
今週からいよいよ秋G1開幕です!
しっかりと勉強して本番に挑みましょう!
スポンサーリンク

スプリンターズS2022(G1・芝1200m)

秋のスプリント王決定戦!

校長も少々入れ込み気味(笑)

芝1200mについて

・2コーナーを下ったところからスタート

・最初のコーナーまで270m程度。

・下りながら直線を迎えるので早いタイムが出やるいコース設定。

・直線は310mだが、最後の坂がある
前の馬はオーバーペースになりやすい。

配当面について(過去10年)

・馬連万馬券はなし。

・3連単10万超は4回。
3着には人気薄が来る場合あり

ローテーションについて

・セントウルS組の成績が良い
30頭中13頭が馬券になっている。
1着6頭、連対4回、1~3着独占は2回

・セントウルS組が連対しなかった年
⇒セントウルSを勝ちながら3番人気までに支持されなかった馬
⇒今年に当てはめると:1着メイケイエール(1番人気)、2着ファストフォース(6番人気)

厳しい流れの夏レースを経験してきた馬にも注目!

メイケイエールについて

戦歴

12戦7勝(7-0-0-5)
⇒そのうち6勝が重賞。
(1200m3勝、1400m2勝、1600m1勝)

父ミッキーアイルについて

・NHKマイルカップマイルCSなど重賞を6勝。

・母シロインジャー(母父ハービンジャー)
白毛一族だが、メイケイエールは白毛に産まれなかった。

生い立ちについて

・デビューは小倉だった。2戦目で重賞勝ち。

・3戦目、ファンタジーS勝利。
ここでお転婆ぶりが世間にバレる

・阪神JFで大外枠を引いて陣営はガッツポーズした。
(レースはソダシに0.2差負けの4着

チューリップ賞勝利(同着)

・桜花賞3番人気⇒レース中に暴走して馬具破壊。(結果は18着)

~その後スプリント路線へ~

・キーンランドCでは7着
こんな馬をレースに出すと危ないと言われていた)

・スプリンターズSで池添騎手とのコンビ結成(4着)

・高松宮記念5着(0.1差)
池添悔しがる。

・京王杯SCを勝ち、前走セントウルSをレコード勝ちして中2週でこのレースにやってきた

・坂路で自己ベストを出している
体調良し。

不安点

昨年以来の右回り

・特殊なトラックバイアスが出たときにどうか

・アクシデント

2022年のG1は未だ1番人気の勝利なし

写真集も絶賛発売中!

血統データについての解説はこちら

ペースを握る馬

テイエムスパーダ
⇒CBC賞、最初の600mを31秒8という破格のタイムで走った。
⇒北九州記念は最初の600mを32秒8と言うタイムで走った。

ファストフォース
⇒セントウルSを番手から2着に粘った。
⇒最初の600mを32秒5という好タイムだった。

おそらくこの2頭が引っ張る。

良馬場であれば33秒5を超すようなぬるいペースにはならないと予想

ハイペース必至

速い流れを経験し好走した馬

セントウルS
1着メイケイエール、2着ファストフォース

北九州記念
2着タイセイビジョン、3着ナムラクレア、7着テイエムスパーダ

注意

前走キーンランドC組
1着ヴェントヴォーチェ(最初の600mを遅いペース(35秒1)で走った)

速い流れが想定されるここに対応できるかどうか注意が必要!

さらなる調教を含めた詳細解説はこちらから

展開考察

スタートしてから最初の600mがめちゃくちゃ大事!

スタート

テイエムスパーダは最内枠を引いた。間違いなくこの馬が逃げるでしょう。

ジャンダルムも願ったり叶ったりの枠。先行するだろう。

メイショウミモザは出足が少ししんどい。

ダイアトニックは近走見ると内でジッとしておきたいタイプ。

エイティンガールは後ろから外を回す。

ナランフレグも後ろから

ウインマーベルはおそらく前までつけていきそう。

ファストフォースは一完歩目は速くない。本当はしごいて番手くらいまでにはつけたい。が、コースはあまり向かない印象なのでいけないのでは。

ナムラクレアは非常に良いところを引いた。スッと好位につけられそう。

タイセイビジョンはスタートと同時に下がる。

トゥラヴェスーラも後ろからレースを進める。

ヴェントヴォーチェは囲まれるのがダメなので外を引いたのはなかなか良かった。ナムラクレアを目がけてポジションを取りにいく。

メイケイエールはちょっと外過ぎたか。最初ポジションを取るのにどれだけ脚を使ってしまうか。最終コーナーまでに息を入れることができるのかどうか。

ラヴィングアンサーは最近出れないので後ろになる。

シュネルマイスターは腹を括って後ろから最後に賭ける。

マリアズハートは中途半端な位置しか取れないだろう。

4コーナー直後

テイエムスパーダは道中邪魔されず楽な手応えで回ってくる可能性も

ジャンダルムが道中でテイエムスパーダにプレッシャーをかけている可能性もある。

・誰にも邪魔されていなかった場合テイエムスパーダはセーフティリードを持って直線を迎えていることも十分ありえる。

ナムラクレアが直線まで構えれば、内側の馬が有利になる。

直線

エイティンガールは外を回すので時計がかかる馬場になれば有利になる。

ナランフレグは内も突ける技量もある。人気ないだけに。内が明けばチャンスあり。

タイセイビジョンは内枠を引けば重たい印を打ちたかったが・・・。おそらく今回は外を回す。それでいて届くかどうか。

トゥラベスーラは鼻出血の休み明け。おそらくイン突きをやってくる。ハマるかどうか。

シュネルマイスターは苦戦しそうだが、ここまでネガティブ評価が並ぶと買いたくなる。能力は高い。

トラックバイアスが大きなポイントとなる。

 

最終考察

土曜日の参考レースの600mラップは33秒3

路盤は堅い設定になっているのではないか。

浜中騎手絶好調だった。

スプリンターズSの決着タイムは1分7秒前半と予想。

 

スポンサーリンク

今週もしっかり当日検討しましょう!
是非当日ミルダムに!

以上となります。
詳しくはもちろん競馬の専門学校を見て下さいね❗

こちらではプレゼント企画実施中です(*^^*)

それでは良い週末を(^^)/~~~

2022.10.1 post by YRA

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

キーン

競馬の専門学校校長。 卓越した全方位の予想ファクターから繰り出される競馬講義は多くの支持を集めており、今日も多くの生徒がその門を叩く。 *現在Youtubeチャンネル登録者数6万人越え、Twitterフォロワー数1万人

-競馬の専門学校
-