競馬の専門学校

【12月20日】競馬の専門学校【朝日杯FS、ターコイズS】結果

スポンサーリンク
-
朝日杯フューチュリティステークスお疲れ様でした!

来年に向けてしっかり復習しておきましょう!

それではよろしくお願いします。

スポンサーリンク

 

ターコイズステークス(G3・芝1600m)

1着ミスニューヨーク
⇒見事連覇!この舞台が合っている。騎手もこの馬の乗り方がわかっている。

2着ウインシャーロット
⇒プラス14kgが微妙と思っていたが、鮮やかな勝利だった。見た目は明らかにボテッとしていた。実績は上位だった。

3着フィアスプライド
⇒前走は内から。今回は大外なので軽視したが、素晴らしい脚だった。流石ディープインパクト産駒。

道中、前・中・後での決着となった!

5着ママコチャ
⇒道中窮屈さはあったが、冬毛の影響もあったと見ている。

パドック解説で冬毛が出ている馬は人気を裏切るケースが多い。

朝日杯フューチュリティステークス(G1・芝1600m)

1着ドルチェモア
枠順を存分に活かした勝利だった。瑠星君GⅠ2勝目!

2着ダノンタッチダウン
⇒勝ち馬とは枠順の差。川田君上手に乗った。毛艶が悪い中での結果。この馬は強い!デカいので小回りは課題。距離の融通は効きそう。

3着レイベリング
⇒勢いがあったが、坂を登った後鈍ってしまった。2戦目でGⅠ3着なので来年が非常に楽しみ。

4着キョウエイブリッサ
⇒これも枠順を活かして大健闘。距離は長かった。

5着バグラダス
⇒坂の前にスピードに乗らせることができなかった中でこの結果。これは惜しいレースだった。スムーズなら馬券内があったかも。

6着オールパルフェ
⇒先手を取ってリズムも良かったが、この馬にとっては少しタイムが速かった。これからの馬。

7着オオバンブルマイ
⇒ゲートでチャカチャカしてしまった。

8着ティニア
⇒パドックで歯みがきしていた。次もパドックは要注意!

9着コーパスクリスティ
⇒外枠が厳しかった。

10着グラニット
⇒スタートは良かったが4コーナーで苦しくなった。

11着ニシノベストワン
⇒上がり2位を記録。藤岡君・・・。

16着フロムダスク
⇒スタート直後に終了。

・今年の2歳世代は下河辺牧場がアツいかも?!

・一にも二にも馬場読みが大切!

新入生紹介

タヅナハルカ

12月24日デビュー予定

みんなの新しい仲間なのでYouTubeの登録して下さいね(^_-)

 

以上となります。

今週はいよいよ今年の総決算!

みんな大好き有馬記念を楽しみましょう。

2022.12.20 post by YRA

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

キーン

競馬の専門学校校長。 卓越した全方位の予想ファクターから繰り出される競馬講義は多くの支持を集めており、今日も多くの生徒がその門を叩く。 *現在Youtubeチャンネル登録者数6万人越え、Twitterフォロワー数1万人

-競馬の専門学校
-