競馬の専門学校

【読んで学ぶ】キーンランドカップ予想まとめ【競馬の専門学校】

スポンサーリンク
キーン校長
今週は冠(名)レースです!
入れ込み過ぎずに頑張りますよ(笑)
スポンサーリンク

キーンランドカップ(G3・芝1200m)

是が非でも取りたいお祭りレース!

札幌芝1200mについて

・スタートしてからの直線が長い=枠順の有利不利がない。
・絶対逃げたい馬が複数いる時にはやり合いが続くので最後にガス欠する。
・あっさりペースが落ち着いた時には人気薄でも逃げ馬が残る可能性がある。
やはりペースが非常に大切になってくる!

配当傾向(過去10年)

・馬連万馬券が1回
⇒秋G1の優先出走権がかかっているので、強い馬が出てくるので配当があまり出ない。
・3連単10万馬券は3回
⇒やはりスプリント戦であることを思えば堅い。

ローテーション

・前走、UHB賞や函館SS組の馬券内率が高い。
但し、該当多数なので重きを置く必要はないと考える。

大事なこと

・馬場
⇒例:悪くなって内がダメになると内の先行馬はずっと悪い馬場を走ることになる。
・枠順
⇒例:2020年は1~5着まで外枠で決まった。

Pick Up馬

・ヴァトレニ
⇒前走の内容が強い勝ち方。(ジュビリーヘッド(函館SSで2着)に完勝したのは価値がある。

・ジュビリーヘッド
⇒使われ過ぎ感もあるが、安田隆行厩舎は使ってくるところなので大丈夫そう。前走よりも1kg減は魅力。

・トウシンマカオ
⇒NHKマイルは距離が長かった。1200mは初距離だが、鞍上も良し。53kgも魅力。

魂の全頭考察

1-1 ヴァトレニ
⇒調教良かったが、最内を引いたことでポジション取りがかなり重要となった。外伸び馬場となったらちょっと不安が大きくなる。
1-2 ビリーバー
⇒直千適性が高い。ここでもある程度の適性はあるし、サマースプリントチャンピオンの可能性もあるので人気がなければ忍ばせておきたい。
2-3 サヴォワールエメ
⇒前走は全てかみ合ってのもの。今回は相手も強化される。
2-4 ジェネラーレウーノ
⇒ここで急にスプリント適性が出るとは考え辛い。
3-5 ウインマーベル
⇒今年の葵Sのレベル疑問。古馬の壁があるかも。北海道戦績もよくない。
3-6 シゲルピンクルビー
⇒途中で息を入れられるコースが良いと思う。今回後ろからやるのでは。
4-7 マウンテンムスメ
⇒前走が今の力通りの着順では。
4-8 ヴェントヴォーチェ
⇒前走ちょっと臆病なところが出た。この短期間でそれが改善できるかどうか。ただ見限れない一頭。
5-9 ジュビリーヘッド
⇒前走は中一週がちょっと厳しかったか。今回はリフレッシュできていそう。サマースプリント優勝の可能性がある馬。
5-10 ロードマックス
⇒取捨の難しい前走だが、1頭だけ他と違う競馬をしたとおもう。鞍上は出走の中で一番謎。
6-11 オパールシャルム
⇒前走初オープンで優勝。持ち時計は一見地味。初重賞挑戦で一枚落ちる印象だが、そういう馬こそ江田照さん。
6-12 マイネルジェロディ
⇒調教動いている。ホーさんの最後の置き土産となる可能性もあるかと思うとちょっと怖い。
7-13 メイショウミモザ
⇒1200mはこれまで4勝を挙げている。ただしハーツクライの距離短縮は心配。
7-14 エイティーンガール
⇒今年はぶっつけ本番。ということは目標をしっかりとスプリンターズSに置いているのでは?馬場が渋れば無条件に入れる。
8-15 レイハリア
⇒今回はブリンカーをつける。昨年の勝ち馬で調子戻り気味で外枠は運も向いてきた。
8-16 トウシンマカオ
⇒とにかく大外をどう考えるか。川田君の呪縛は解かれていると思うが・・・。当日の馬場重要!

展開考察

・絶対に逃げないといけない馬不在。

パターン1
・ヴァトレニ、オパールシャルム、レイハリアあたりが逃げそう。

・サヴォワールエメ、マウンテンムスメがその後ろにつけるのではないか。

・トウシンマカオのテンのスピードがどうなるか。ロケットスタートを決めればあっさり番手も。

パターン2
・ヴァトレニがハナを切る。オパールシャルムが2番手。

・その後ろにレイハリア、トウシンマカオなど。
⇒こうなるとハイペースになる可能性も。

直線
・ヴァトレニ、オパールシャルム、レイハリアのどれかが先頭に立って直線を迎えているはず。
⇒できればヴァトレニは他2頭の後ろで、いつでもかわせる位置にいて欲しい。

・トウシンマカオは前目にはいると思うが初距離ということもあり、思ったよりも少し後ろに位置してくる可能性もある。

・ウインマーベルは馬込みを気にしないので中団から松山君が伸びる馬場を探して追い込んできてくれれば。

・シゲルピンクルビーはタメを効かせてくる競馬に期待。(買い目に加える予定)

・ヴェントヴォーチェは前走の敗因がハッキリしている。外側から先団にとりついて一気に差し切る競馬に期待。

マウンテンムスメの騎手(パコー)とロードマックスの騎手(バシュロ)は付き合っている!

・ジュビリーヘッドは安定している。馬券内という観点では外せない一頭。

・マイネルジェロディは来日して存在感を示しているホーさん。また何かやりそうなので3列目には入れておきたい。

・メイショウミモザは中団より後ろからの競馬になりそう。一気にタイムが速くなるここでペースについていけるか。

・ビリーバーは内枠なので後ろからの展開待ちとなる。

・ジェネラーレウーノはどういう走りをするか謎。インピタを通ってくるか。

・エイティーンガールは雨が降ったら評価を上げる。良馬場なら前が止まらないレースになりそう。それで突っ込んでこれるか。今年の大目標はスプリンターズSでは。

有馬記念レベルで盛り上がっていきましょう!
8月ラスト、良い締めくくりを!

さらなる調教を含めた詳細解説はこちらから

スポンサーリンク

血統についての解説はこちら

 

当日の馬場をしっかりと検討しよう!
是非当日ミルダムに!

以上となります。
詳しくはもちろん競馬の専門学校を見て下さいね❗

それでは良い週末を(^^)/~~~

2022.8.27 post by YRA

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

キーン

競馬の専門学校校長。 卓越した全方位の予想ファクターから繰り出される競馬講義は多くの支持を集めており、今日も多くの生徒がその門を叩く。 *現在Youtubeチャンネル登録者数6万人越え、Twitterフォロワー数1万人

-競馬の専門学校
-