競馬の専門学校

【読んで学ぶ】秋華賞、府中牝馬S予想まとめ【競馬の専門学校】

スポンサーリンク
キーン校長
今週は秋華賞!
そして土曜日は府中牝馬S。
牝馬ウィークしっかり頑張りましょう!
スポンサーリンク

府中牝馬S(G2・芝1800m)

良馬場想定で考察します!

全頭考察

アカイイト
⇒エリザベス女王杯を狙っているのでここがメイチではない。しかしここまで戦ってきた相手が違う。ただここは斤量が重たい。軸まではどうか。

アブレイズ
⇒今回ペースは速くならないのではないか。大野君への騎手替りはプラス

アンドヴァラナウト
⇒ここでも勝ち負けできる素質はある。仕切り直しの一戦。

イズジョーノキセキ
⇒エリザベス女王杯で5着と健闘していた馬。賞金が本番に足りないので最低2着は欲しいので仕上げてくるだろう。

エイシンチラー
⇒時計がかかったほうが良い。

クリノプレミアム
⇒揉まれない競馬ができるかどうか。松岡騎手とのコンビは相性良し。距離も向いている。枠大事。

クールキャット
⇒ここまで僅差の競馬ができている。最近は後ろからも折り合いがつく。レイクヴィラファームは今の馬場にあっていそう。

ゴルトベルグ
⇒春に2勝クラスでこの舞台で良いレースをした。距離適性高い。ブランド力は高い。抑えておいた方が良いかも。馬体重が430kgを割るようなら割引で。

サトノセシル
⇒速い時計への対応は難しい。先週と同じような馬場なら難しい。

シャドウディーヴァ
⇒昨年の勝ち馬。ここはベスト舞台。但し今年は夏を使っていない。少し割り引きが必要では。

ソダシ
⇒札幌記念は5着だった。ここはメンバーレベル的に上だし、ワンターンの1800mなら見直せる。あとは気性。

ホウオウピースフル
⇒力が要るような馬場や舞台が合っている。

ライティア
⇒前走逃げて勝った。今回絶対逃げたい馬が他にいる。今回初重賞挑戦。ディープインパクト産駒というのは忘れてはいけない。

ラヴユーライブ
⇒先週絶好超な戸崎君。どこのポジションをとるか次第。一列前でレースをして欲しい。

リアアメリア
⇒2走前に久々に4着と好走。いつ走っても不思議ないが、ピークはもう過ぎているか。

ローザノワール
⇒とにかくハナは譲らないだろう。逃げてどこまで。

まともであればソダシが中心。
但し軸1頭ソダシのみはキケン。

 

秋華賞(G1・芝2000m)

昨年の成績から傾向を探る

1着アカイトリノムスメ(4番人気)
⇒オークスからの直行組

2着ファインルージュ(2番人気)
⇒紫苑sの勝ち馬

3着アンドヴァラナウト(3番人気)
⇒ローズSの勝ち馬

10着ソダシ(1番人気)

馬券に入った馬は秋華賞にとってセオリー通りのローテーションだった。

前走オークスが過去10年のうち近4年勝っている。

前走紫苑S組3頭の優勝馬を出している。
⇒近3年で2着となっている。

前走ローズS3頭の優勝馬を出している。
⇒最近は昔あったローズS組の勢いが失われてきている。

この3つのローテーション以外は勝ち馬が出ていない!

データからはスターズオンアースが一番良い
⇒但し、オークスで骨折して順調にここまで来たとは言えないのがどうか。
⇒今年G1の1番人気は14連敗中は気になるところ。

晴れれば人気決着するのではないか。

雨になれば穴馬の出番もありそう。
エグランタインはキズナ産駒なので注目。

 

さらなる調教を含めた詳細解説はこちらから

全頭考察

ウインエクレール
⇒興味深いローテーション。枠的にポジション取りは難しい。今回唯一のディープインパクト産駒というところに興味がある。

ライラック
⇒過去にスターズオンアースに勝っている。関西では成績が悪いことが気掛かり。

タガノフィナーレ
⇒夏だけで4戦使っている。上がり目を望むのは厳しい。

ラブパイロー
⇒人気薄の逃げ。但し先行馬が強力。馬場が渋れば良いが。

ストーリア
⇒戦績見劣る。右回り初めて。面白い一頭ではある。

メモリーレゾン
⇒ローズS5着。距離不安がある。後ろから競馬するのでは。ひょっこり3着とかならありそう。

スタニングローズ
現在本命視している一頭。良い夏を過ごした。成長力ある。坂井騎手もそろそろG1獲っても良い。

ナミュール
⇒馬体重は大幅増。これは成長分。調教も負荷をかけている。キレ味が削がれていないかが心配。

スターズオンアース
⇒2冠馬登場。調教を見て改めて凄いと思った。本命視する予定。

アートハウス
⇒レース間隔が空く方が好走する馬。阪神内回りは向いている。川田騎手は良い。

エグランタイン
時計のかかる馬場で狙ってみたい一頭。

ウォーターナビレラ
⇒前走クイーンSはベストの騎乗だった。それで負けたのは距離によるもの。人気の無い武豊は怖い。

エリカヴィータ
⇒2400mの方が距離は向く。ただ国枝厩舎なので無視はできない。馬主さんの勢いも見過ごせない。

ブライトオンベイス
⇒ここは長い。

サウンドビバーチェ
⇒仕上げは前走メイチだった。先行する馬なので外枠は良くない。但し今回は差す競馬をやると言っているのでハマれば怖い。

プレサージュリフト
出遅れ癖が怖い。前にいく馬ではないので大外は悪くない。オークス直行は良いが、全てオークスで馬券になった馬なのでそれを思えば少し落ちる。血統は合う。

最終考察

赤線先生

スポンサーリンク

今週もしっかり当日検討しましょう!
是非当日ミルダムに!

以上となります。
詳しくはもちろん競馬の専門学校を見て下さいね❗

それでは良い週末を(^^)/~~~

2022.10.15 post by YRA

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

キーン

競馬の専門学校校長。 卓越した全方位の予想ファクターから繰り出される競馬講義は多くの支持を集めており、今日も多くの生徒がその門を叩く。 *現在Youtubeチャンネル登録者数6万人越え、Twitterフォロワー数1万人

-競馬の専門学校
-