競馬の専門学校

【11月15日】競馬の専門学校【福島記念、エリザベス女王杯】結果

スポンサーリンク
-
エリザベス女王杯お疲れ様でした!

今週はマイルチャンピオンシップ。

ですが、もちろん今週も復習から!

それではよろしくお願いします。

スポンサーリンク

福島記念(G3・芝2000m)

・1着ユニコーンライオン
本調子に戻っていた。蹄葉炎からの復活!

矢作調教師の話

どんな馬でも、勝つためにはどれだけ泥臭くてもベストを尽くす。
⇒矢作厩舎でなければ芽が出ていないであろう馬はいっぱいいる。

実は娘の矢作麗さんとはFacebookでやり取りしたことがあります。

・2着サトノセシル
⇒牝馬はなかなか来ていないレースの中で、今年は来ると話しをした見立て通りだった。馬の調子が良い。馬場も合っていた。

・3着アラタ
洋芝実績が活きた。

エリザベス女王杯(G1・芝2200m)

1着ジェラルディーナ
⇒またもや抑え評価が来た。枠順にも助けられた。さらに重馬場も味方した。レース前入れ込みはあったが、それで勝てたので力がかなりついている。

2着ウインマリリン
⇒ラチを使わなくてもここまで来れた。レーン騎手の上手さに脱帽。

2着ライラック
⇒血統は合うレースだったが、ここで結実した。陣営の努力が素晴らしい。トラックバイアスも向いた。

4着アカイイト
⇒もう少し絞れていたら良かった。やはりこの舞台は得意。

5着ナミュール
⇒3回ぶつけられた。健闘したといえる。

6着デアリングタクト
内枠があだとなった。

7着ホウオウエミーズ
⇒ごちゃついてしまい、思った競馬ができなかった。

8着ルビーカサブランカ
距離はぴったりだった。メンバーレベルが高かった。

9着ピンハイ
⇒これまで軽い馬場で走ってきていた馬なのでこの馬場は辛かった。

10着イズジョーノキセキ
G1では良馬場の2000mまでかなとルメールが言っている。

14着スタニングローズ
⇒馬場につきる。出来落ちではなかった。

15着ウインキートス
⇒輸送がダメ。気持ちが持たなかった。関東で狙おう。

16着ウインマイティー
⇒外から前に行った。先行勢として後ろを牽制していた。マリリンの飛躍を助けた。

 

上位は6枠から外枠で決まった!
⇒内枠で最先着したのはデアリングタクトだった。

阪神のエリザベス女王杯はこれで3年連続でピンク帽が勝った!

以上となります。

今週もよろしくお願いします!

2022.11.15 post by YRA

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

キーン

競馬の専門学校校長。 卓越した全方位の予想ファクターから繰り出される競馬講義は多くの支持を集めており、今日も多くの生徒がその門を叩く。 *現在Youtubeチャンネル登録者数6万人越え、Twitterフォロワー数1万人

-競馬の専門学校
-