血統傾向

エプソムカップ(GⅢ)まとめ【競馬血統】一覧 特徴 予想

スポンサーリンク

血統調査員のYRAです。
「血統表は競走馬の設計図!」ということで。

今週はG1中休み、エプソムカップです。

東京の非根幹距離で行われる血統傾向について見て行きましょう。

スポンサーリンク

【エプソムカップ過去血統】

□主流血統の戦い!

2021年(良)
1、トーセンラー
2、ディープインパクト
3、ディープインパクト

2020年(不良)
1、キングカメハメハ
2、ステイゴールド
3、キングズベスト

2019年(稍重)
1、キングカメハメハ
2、ディープインパクト
3、ステイゴールド

2018年(重)
1、ディープインパクト
2、アドマイヤムーン
3、ディープインパクト

2017年(良)
1、Kitten’s Joy
2、ダイワメジャー
3、マツリダゴッホ

非根幹距離での開催となるが、チャンピオンコースということで主流血統の戦いの様相が強い
種牡馬王ディープインパクトは過去5年で1勝・2着2回・3着2回の計5頭が入着。
一方キングカメハメハは2勝と勝ち星はこちらの方が上。

また、昨年の勝ち馬トーセンラーはディープインパクトの後継種牡馬だったということも頭に入れておきたい。

スポンサーリンク

【エプソムカップ血統該当馬】

ディープインパクト系産駒

ザダル(トーセンラー)、トーセングラン、ヤマニンサンパ

キンカメ系産駒

タイムトゥヘヴン(ロードカナロア)

その他ポイントの血となりそうな血統については木曜日のライブ配信にて話をしたいと思いますので是非フォローしてお待ち下さい。

https://www.mildom.com/profile/14153530

↑まだMildomにお引っ越しできていない方は是非頼みます(^^ゞ

それでは今週もよろしくです。

2022.6.8 post

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

YRA@血統調査員

少しでも役立つ競馬情報を。2011年~2016年までの5年間、北海道を拠点に毎日馬のお勉強に明け暮れていました。 今は東京を拠点に競馬で資産運用しながら血統調査員として執筆活動に邁進中! 夢は雑誌で連載すること!

-血統傾向
-